CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

日々眼鏡。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サラの日


今日、ヒュゲではこの2日間
T原家の古道具や「家 ie 」。
朝早くから搬入のため、坂の家へ。
天気良くて気持ちいい。

今日はサラも一緒、今日はサラの一周忌でもある。
一周忌の法要もあったので、サラのお骨も坂の家へと連れ出した。
ほんとは生きてるうちにサラにもこの家、見せたかったけど
心臓の病気だったので、嬉しすぎたりの興奮は毒だったので
連れて来れず仕舞いだった。
ほんとは庭や店や家ん中、走り回らせたり
寝ころんだりしてほしかったな。
サラのお骨の壺を抱いて、「ここは机の部屋、前からの景色が最高やねんで」
「こっちは台所やで」・・・とか部屋紹介、言いつつ廻り
いつもな陽がよく入るテーブルにしばしサラを休ませてあげる。
サラの写真も一緒に並べてみる。

1年って、ほんと早かったな。去年の今日もよく晴れた日だったな。
サラとのごく普通の日々を走馬燈のように、次から次へと
思い出してしまい、涙が何度もあふれて止まらない。
アカンなぁ、すぐ涙ばかりで。
けど、サラに坂の家やワタシの好きなこと
見せれてよかった。

ヒュゲでの 家 ie オープン後、1時間ほどでワタシは動物霊園へと。
途中、妹と待ち合わせしてランチしたあとに向かう。
1周忌のお経をあげてもらい、お墓の話をする。
前飼っていたミッキーに、サラ、そして妹夫婦が今飼っている愛犬ひな、
で、またうちんちが飼う・・・と、いうようにこれからも増加傾向にある
犬家族系なので(笑)、ここらでみんなでお金を出し合って
わんわんたちの墓をこしらえることに。
高台で見晴らしもいい場所で・・・、いいところがほぼ埋まっている。
が、なかなか見晴らしも良くて陽当たりもいい真ん中の場所をひとつ見つけ
そこに決めてきた。ほんとは犬とは言え、家族の一員なので
お墓も家族と一緒に入れればな、と我が家では言っている。
東京などには早速そういうお墓もあるらしいけど、まだまだ認められにくい。
そんなことが当たり前な時代が、早く来ないかな?とも思ってる。
こういう部分は飼ってる人だったら、誰しもきっと思うんじゃないかな・・・。
お墓は墓石作りに3ヶ月ほどかかる模様。
可愛いの作りたいな、と妹と思案中。
こうやって、ひと区切りずつ。
(ASAちゃん、サラにお花ありがとう!)

え〜と、家 ie のこと。
朝早くから掃除やゴミ出ししてたら、T原夫妻、到着。
す、すごい荷物ですよ(笑)。
で、搬入・品だし作業・・・これがすごい量で大変です。
なんとかオープンぎりぎり、そしてオープン直後からお客さんがずっと。
有り難いです、有り難うございます。
よしみ工房のよっちゃんもありがとう。
明石の素敵な古道具やさん「和草 nikogusa」店主、有り難うです。
そしていつもな川西な人たち、ほんと温かい人たちやな、いつもありがとう。
いろんな人たちのおかげで 家 ie スタートしております。

今日はサラの命日でもありますが、大切なT原夫妻の結婚記念日でもあります。
「おめでとう。ずっと2人仲良くね。」

明日もたくさんの品を揃えてお待ちしております。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
明日はワタシも1日中、常駐しております〜。
楽しみたいと思います。

(家 ie の写真はのちほどUPしますね)
| 愛犬サラ | 23:48 | - | - |
わんこお盆


今日は夕暮れから妹と2人で宝塚。
我が家の亡きわんこたちのお盆で動物霊園。
今日はその霊園でお盆の大法要があった。

去年亡くなったサラにとっては初盆だし、ミッキーの盆でもある。
今回は父親のカンパもあって、サラとミッキーのために
ひとつずつ千灯供養をする。
住職のお経のあと、夕暮れ時からそのたくさんの千灯供養の
ろうそくに明かりが灯っていく。
しばしその灯りを見て、みんなそれぞれ動物たちとの生活を
思い出してるんだろうなぁ・・・。
もちろんワタシたちもしかり。

この霊園には介助犬シンシアも眠っている。
いつも妹とシンシアのお墓の前で手を合わせる。

我が家のわんこたち亡きミッキーやサラ、今飼っている妹んちのわんこ
これから我が家に来るかもしれないわんこ・・・のこともあって
お墓を作ろうと思ってるので、帰りに詳細を聞いてみようと聞いたら・・・
・・・”キャー”なお値段でした、ちょっと貯金せな(笑)。
| 愛犬サラ | 22:38 | - | - |
サラの日


12月20日、サラの四十九日。
この日は家族(うち家族と妹夫婦)みんなで、山手にある動物霊園へ
もちろんサラも一緒(骨壺だけど)に向かう。
車好きなサラも、ちょっとしたドライブ気分でウキウキしてたに違いない。

亡くなった日と同じような小春日和な日で、高台からの眺めや空気も
一段とキラキラしていて気持ちよかった。
本堂でお経をあげていただいてる間、やはり自然と涙が何度となくスーッと
こぼれ落ちていく、アカンなぁ・・・
亡くなって間もない頃は、”居なくなった”ことをわかりたくなかったけど
今は”居てくれてよかった”と思えるようになった。
こうしてみんなで立ち会うことができたこの1日は大切。

夕方からは、家族みんなを1年のお疲れさま会へご招待。
箕面にある「みのお山荘 風の杜」へ。
山のてっぺんにあって、夜景好きなワタシとしては気になる宿でした。
懐石料理のコースを食べつつ、夜景見つつ、亀田のボクシング観つつ(笑)。
ごはんもどれも美味しかったな、ほぼ完食。
ごはん後にはのんびりと温泉に。時間をずらしたので貸し切り状態。
夜景が見渡せる露天風呂ではとくに長湯(笑)、姉妹でのんびり。
風呂嫌いなお父さんも2回も温泉へ〜(笑)、年に一度の家族孝行。
ほんと夜景キレイだったし、またここへは来たいな。

サラ、ありがとう。
| 愛犬サラ | 23:57 | - | - |
1週間かぁ


サラが亡くなって、あれから1週間。
・・・あっという間だなぁ。
こうやって日々過ぎて行くんだぁ・・・。

けど、サラが逝った日の天気とか空気とか空の色とか見た景色とか
絶対忘れないでおこう、と思った。
(今日の写真3枚はその日の写真。霊園とかそこからの眺めとか帰り道とか)

今日はちょっと落ち着いたところで、仕事帰りにサラのかかりつけだった
動物病院へ、サラのことを報告とご挨拶に行った。
先生はとても忙しくされていたのに、出てきて下さり報告を。
そしてサラのカルテを見ながらいろいろ話してくれた。
それまでは普通に話せていたのに、先生が
「アイツ(サラのこと)・・・ええヤツやったのになぁ・・・」とポツリと
言われたその言葉で、ワタシのこらえていた涙腺がまた思い切り緩んでしまい
先生の前だというのに声をあげて泣いてしまいました。
とめどなくあふれる涙は仕方ないなぁ、自転車押しながら泣いて帰った。
心臓病になって2年半近くも、日々楽しく頑張ってこれたのは
アイツ自身の頑張りが一番やけど、やはりこの先生がいてくれたおかげ。
ほんとに感謝したい。

ワタシの中での、ひとつめの区切り。

犬との生活が23年間もあった我が家、急に居なくなると寂しいモンです。
ワタシの人生の半分以上が犬との生活です、スゴイ。
散歩の時間とか、ご飯の時間とか、ね・・・そういう時間が染みついてる
からその時間はまだソワソワする”そろそろやな”、ってね(笑)。

・いつの日かの診察待ちのサラとワタシの足。
| 愛犬サラ | 21:05 | - | - |
愛犬サラ


11月3日(金)文化の日 晴れ

今朝、サラが逝ってしまった。
ここ2.3日で急に弱りはじめて、おとつい病院に行き
昨晩も少しのごはんを食べて、寝てたサラ。
夜中のうちに、みんなに気ずかれぬようにそっと逝ってしまった。
それも大きな目をちゃんと開けてね、いつもの楽しいカオで。
生きてるみたいな、そんなカオ。

ここ2.3日は彼女にとって、とてもしんどい日やった。
けど最期に静かに逝くということは
そのときはきっと苦しまずにいけたんだよね。
14歳、大往生だね、頑張ったね、サラ。

14年前のクリスマスイブに突然やって来た、サラ。
当時はもう一匹、ミッキーというワンコが居てね、そのわんこねーさんに
いろいろ怒られながら、いろいろ教えてもらってたんだと思う。
そのわんこねーさんのミッキーが亡くなって(享年16歳!大往生!)
それから7年間、うちの唯一のわんこ隊として頑張ってくれてたんだよね。

サラはほんといい子やった。
ワンワンと吠えることもなく、かと言って好奇心旺盛で、いつも笑顔。
最期まで怒ったカオ(牙むけたり)を見せなかったなぁ、とってもいい子。
痛くてもしんどくても、嫌やってもグッとガマンの子のサラ。
病院の先生にも褒められて、可愛がってもらっていたサラ。
ひっつき虫で誰かのいつもどこかに触れていたい、甘えたさんのサラ。
お気に入りのソファの上で、日がなゴロゴロしてるのが好きなサラ。
大好きなものはりんごとチーズ。暑がりなので水はいつもキンと冷えた氷水。
こないだの買い付け旅後、家に着いたらサラがすごく大喜びしてくれたっけ。
嫌なことやツライことがあった時でも、サラに顔を近づけると
「大丈夫だよ、ペロン」とワタシの顔をいつもたくさん舐めて
励ましてくれてたっけ。あん時は毎回いつも助かってたよ、サラ。
サラからはほんとたくさん愛をもらってたんだなぁ、アタシ。
アタシはたくさんそれ以上にサラにお返しできてたかな?、どう?サラ。
心臓病が解って、2年と5ヶ月。毎日数種の薬を飲んでいたけど
いたって元気で、死とは無縁なくらい、つい数日前まで走りまわっていて
逆にワタシたちをいつもヒヤヒヤとさせていたサラ。
・・・そんな大切なサラが突然、逝ってしまった。

14年間、うちの子で居てくれてありがとう サラ。
ずっと忘れないよ。
虹の橋で待っててね、じゃあね。


・・・今日だけは泣きたいだけ泣いて、明日から頑張るよ。
ほんと今日は何かにつけて泣きっぱなし、(笑)アカンなぁ。
明日からヒュゲの2日間は「暮らしの市」です。
頑張ります。 詳細は下記の日記にて ↓
| 愛犬サラ | 18:28 | - | - |